- 総合内科のアプローチ -
関節痛・筋肉痛と内科の病気

D.不定部位に起こる関節痛や筋肉痛

6パーキンソン病

パーキンソン病は人口1000人当たり1人が罹患する頻度の高い神経変性疾患です。

症状は左右差をもって始まり、N字型や逆N字型にゆっくり進行します。
パーキンソン病患者の40~80%が何らかの痛みを訴えると言われており、時にはふるえや動作緩慢などの運動症状より先に始まることもあります。

多くは筋肉痛か、痛みを伴うけいれん、あるいはその両方を経験します。筋肉痛は多くは両足に起きますが、どこの筋肉にも首の筋肉にも起こり得ます。足のけいれんはいつでも起こりますが、ふつうは深夜か朝一番に起こります。

7副腎皮質機能低下症

副腎皮質ホルモン欠乏による症状としては倦怠感、抑うつ、吐き気、起立性低血圧、筋痛、関節痛などがあります。

ゆっくりと進行する場合や、ストレス負荷時にのみ症状が出現する発症初期では、うつ病と間違われることがあります。関節痛が主訴になった場合には内分泌疾患の想起が難しくなることがあります。

1990年代に米国の医師ジェームズ・L・ウイルソンによって副腎疲労という考え方が提唱されました。 副腎機能が低下した結果、疲労や倦怠感をはじめ様々な症状が出る状態です。副腎からは様々なホルモン分泌されていて身体の各器官に命令を出していますが、 副腎機能が低下すると、これらのホルモンの分泌障害が起こり、 倦怠感や無気力感などの疲労症状が出ます。
しかし、副腎疲労は医学的にはまだ完全に証明されておらず、 副腎不全やアジソン病と同じではないかと副腎疲労に異を唱える研究者も存在します。

副腎疲労の症状の大きな特徴は極度の疲労です。症状に限ると慢性疲労症候群と酷似しています。副腎皮質ホルモンは様々な作用があり疲労以外の症状も出ます。
疲労感の症状としては、疲労感、体力減少、無気力・無関心、ベッドから起き上がれない、集中できない、思考の困難 などが挙げられます。
疲労感以外の症状としては、体重の変化(減少あるいは増加)、筋肉減少、低血圧(高血圧)、むくみ、眠れない・眠ってもすぐに目が覚める、体の痛み(関節、背中など)、動悸、脱毛などが挙げられます。

関節痛・筋肉痛と内科の病気:目次へ

 上に戻る