- 総合内科のアプローチ -
関節痛・筋肉痛と内科の病気

C.おもに手首・手指の関節の痛みおよび
足首・足指など小さな関節の痛み

6回帰性リウマチ

回帰性リウマチは、正確な人口当たりの頻度を示した報告はなく比較的まれな疾患であると考えられてきましたが、最近の報告では、以前に考えられていたよりも数が多いとするものもあります。回帰性リウマチの好発年齢は20歳代から50歳代まで広く含み、男女差はありません。
原因はいまだ不明ですが、回帰性リウマチの患者さんの一部では家族内発症が認められており、一部には遺伝子の関与も示唆されています。

回帰性リウマチで生じる痛みの部位
回帰性リウマチで生じる痛みの部位

回帰性リウマチは移動性関節炎を来す疾患です。1回の発作期間は数時間から数日と短く、間欠期は数日から数ヶ月と幅があります。各発作では手関節(PIP、MP)を始め、手・肩・膝・足関節などに単関節炎(一つの関節に炎症が起こる)を認めることが多いです。関節リウマチが対称性に起こる多発関節炎であるのと大きな違いです。

発作は突然発症し、通常は単関節炎の症状が出現します。経過とともに多数の関節に発作が認められる例では、同一の関節で繰り返されるというよりは症状が出現する関節は移動することが多いとされています。

約半数は関節リウマチに関係した抗CCP抗体やRFが陽性ですが、関節リウマチと異なり男女差はなく、関節痛の続く期間が短いために関節破壊を生じません。非ステロイド鎮痛薬による対症的治療が行われます。一部の患者は自然寛解しますが、長年発作を繰り返す症例もあり、また約半数は後に関節リウマチに進展します。

参考:
1)日本医事新報 No4695.2014.4.19
2) http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000727.html

関節痛・筋肉痛と内科の病気:目次へ

 上に戻る