- 総合内科のアプローチ -
関節痛・筋肉痛と内科の病気

D.不定部位に起こる関節痛や筋肉痛

10各種の膠原病

膠原病は次に述べる疾患の総称です。
膠原病に共通した症状としては、発熱、関節痛、筋肉痛などです。原因のはっきりしない関節痛や筋肉痛を生じた場合には、常に膠原病ではないか疑う必要があります。
膠原病には、疾患に応じた特徴的な発症年齢と性差があります。代表的(古典的)な膠原病は次の6種類で、特徴は次の通りです。

膠原病の発症年齢と性差
 膠原病の種類 発症年齢
リウマチ熱(RF) 男性 = 女性 13才頃がピーク
慢性関節リウマチ(RA) 80%が女性 30~50才
全身性エリテマトーデス(SLE) 90%が女性 20~40才
全身性強皮症(SSc) 90%が女性 30~50才
皮膚筋炎(DM) 70%が女性 10~60才
結節性多発動脈炎(PN) 60%が男性 40~60才

膠原病の初発症状
全ての膠原病に共通してみられる症状
発熱、 関節痛、 筋肉痛、  全身倦怠感、 易疲労性、 体重減少
一部の膠原病に共通してみられる症状
Raynaud現象 全身性エリテマトーデス、全身性進行性硬化症、混合性結合組織病など
脱毛 全身性エリテマトーデス、全身性進行性硬化症、混合性結合組織病など
網状皮斑
(livedo reticularis)
血管炎症症候群、全身性エリテマトーデスなど
漿膜炎 全身性エリテマトーデス、慢性関節リウマチなど
間質性肺炎 全身性進行性硬化症、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎/皮膚筋炎など
腎障害 全身性エリテマトーデス、結節性多発動脈炎、多発血管炎性肉芽腫症など
薬剤アレルギー 過敏性血管炎、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群など

現在ではこれらに加えて、シェーグレン症候群、混合性結合組織病、多発血管炎性肉芽腫症、高安動脈炎、側頭動脈炎、好酸球性筋膜炎、成人スティル病、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎、ベーチェット病、サルコイドーシスなども膠原病関連疾患に含まれます。

関節痛・筋肉痛と内科の病気:目次へ

 上に戻る