- 総合内科のアプローチ -
関節痛・筋肉痛と内科の病気

D.不定部位に起こる関節痛や筋肉痛

11その他

子宮頸ガンワクチン接種後

子宮頸ガンワクチン接種後に次のような症状が起こることが問題視されています:
身体の広範な痛み、関節痛または関節炎、激しい疲労が6週間以上続く、心身・精神症状(記憶障害、突然の眠気、呼吸苦、脱力、環境過敏)など

好酸球性食道炎

好酸球性食道炎の病態は気管支ぜん息と類似しており、食道粘膜および粘膜下への好酸球浸潤に伴う慢性炎症性疾患です。好酸球が食道平滑筋のけいれんを引き起こし、間欠的な嚥下障害や胸痛を訴え、進行すると持続性の嚥下障害や食道狭窄を生じることがあります。

好酸球性食道炎は皮膚、食物、気道のアレルギー性疾患を合併することが多く、繰り返す胸痛発作があると狭心症や食道けいれんと誤診されることがあります。

再発性多発軟骨炎の関節炎

特徴的な関節炎がおこる部位は胸鎖関節、肋軟骨など胸骨周囲ですが、指の関節、膝の関節にもおこります。他の軟骨病変と異なり、関節は変形しません。
腫れるだけのことも、痛みだけのこともあります。通常は痛み止めがよく効き、数日から数週間で改善します。

白血病、多発性骨髄腫など

白血病:

急性白血病の臨床症状は発熱、貧血、出血傾向の頻度が高いですが、成人白血病の3.9%、小児白血病の13.9%で骨・関節症状を認めることがあり、急性骨髄性白血病に比べ急性リンパ急性白血病で見られやすいです。
成人では骨髄の脂肪髄の比率が高いため、小児食らえて骨病変の頻度は少ないと考えられていますが、小児と同様に骨・関節症状で発症し、末梢血に以上のない場合もあり、注意が必要です。

多発性骨髄腫:

多発性骨髄腫の症状には個人差がありますが、骨髄腫細胞によって骨の組織が破壊されると、高カルシウム血症、骨の痛み、病的な骨折、脊髄圧迫による麻痺などが起こることがあります。

多発性骨髄腫の他、胃ガン、大腸ガン、膵ガン、卵巣ガン、白血病、悪性リンパ腫などで傍腫瘍症候群としてリウマチ性多発筋痛症に似た症状をきたすことがあります。リウマチ性多発筋痛症が疑われる場合でも、年齢が50歳以下、進行性の経過、朝のこわばりの欠如、少量のプレドニンが著効しないなどの非典型例では、悪性腫瘍を含めた他疾患の可能性を考える必要があります。

関節痛・筋肉痛と内科の病気:目次へ

 上に戻る