- 総合内科のアプローチ -
写真で見る「子どもの病気」

ガマ腫

ガマ腫とは

ガマまたはガマ腫は口底部の小唾液腺、顎下腺などからのだ液の流出障害によって口の中にできる粘液嚢胞で、良性の腫瘤です。

写真をクリックすると拡大します

ガマ種-写真01

口底部にできた大きなものは外観がガマガエルに似ているため、この名前がついています。

粘液嚢胞は、唾液腺からのだ液の流出が障害されて、誤ってかんでしまったり、歯の生え代わり、歯列矯正装置などによって口腔内の組織を傷つけたのが原因と考えられています。

10~30歳の女性によくみられます。

さわってみるとプヨプヨしていて、水ぶくれのようです。

写真で見る「子どもの病気」:目次へ

総合内科のアプローチ

 上に戻る