- 総合内科のアプローチ -
関節痛・筋肉痛と内科の病気

A、首筋付近から腰(頸椎から腰椎)にかけて
脊柱に沿った痛み

10石灰沈着性頸長筋腱炎

石灰沈着性頸長筋腱炎は頸長筋膜へのカルシウム塩(ハイドロキシアパタイト)の沈着によって起こる結晶誘発性の急性炎症です。

好発年齢は20~50歳で、急性の後頸部痛、頸部運動制限、嚥下痛などで発症します。血液炎症所見の陽性化を認め、嚥下痛や嚥下困難を伴うことから、咽後膿瘍や化膿性脊椎炎などとの鑑別が大切です。
発症前に上気道感染や頭頸部の軽微な外傷がみられることがあります。後頸部痛、頸部運動制限(とくに回旋)、嚥下困難を主徴とし、発熱も認めます。血液検査で白血球上昇、炎症反応上昇を認めます。予後は良好で、頸部固定による局所の安静、消炎鎮痛薬の内服で1~2週間で改善します。

X線写真、4頸部単純CTで第1~2頸椎前面の頸長筋腱付着部に石灰化、第1~4(時に第6)頸椎前面の軟部組織(後咽頭腔)に腫脹、浮腫性変化による低吸収域を認めます(造影効果はありません)。好発年齢は20~50歳とされますが、高齢者でもみられます。

石灰沈着性頸長筋腱炎で生じる痛みの部位
石灰沈着性頸長筋腱炎で生じる痛みの部位

関節痛・筋肉痛と内科の病気:目次へ

 上に戻る