- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

腹部膨満感、腹鳴

おなかがはる(腹部膨満感)とは(図1)

腹部膨満感(おなかがはったような感じ)
図1腹部膨満感(おなかがはったような感じ)

食べものを食べて満腹になることはだれでも経験することですが、おなかがはる(腹部膨満感)というのは、満腹感と異なり、少ししか食べてないのにおなかがはって食べられない、あるいは空腹感を感じることがなく、おなかがはった感じが続くという状態です。

原因は消化器機能の変調や、心理的な要因で、実際におなかの周り(腹囲)を測っても大きくなっているわけではありません。腹部膨満感を訴えるほとんどのケースは検査しても異常がなく、胃の運動機能の低下が原因と考えられています。

おなかが鳴る(腹鳴)とは(図2)

腹鳴(おなかが鳴る)
図2腹鳴(おなかが鳴る)

おなかの中で音がするのは、のみ込んだ空気と、消化液と食べ物の混ざった液体とが、腸の運動によって撹拌(かくはん)されるためです。つまり、腸にたくさんの空気があって、しかも腸が活発に動いているときに起こるのです。

水の入ったボトルを例にあげると、水がいっぱいに入ったボトルは振っても音がしませんが、水と空気が半々に入ったボトルは振ると音がします。このこととおなかが鳴ることとは同じ原理なのです。

消化管はどんな運動をしているのか?

1)食事をしたときの消化管運動

食道~胃~十二指腸
図3食道~胃~十二指腸

食事をすると消化器は規則的な収縮運動をします。食べ物が入ってくると胃の上半分(胃底部、胃体部の上部)は弛緩して、入ってきた食べ物を貯える働きをします。それに続き、胃体部中程から幽門に向かって、1分間に3回の割合でぜんどう収縮運動が起こります。(図3)

この収縮は幽門に近づくにしたがって強くなり、胃液と混ざり合った食べ物をこねまわし、どろどろにします。そして直径2~3cmの大きさの幽門を通れるほどに小さくなると、十二指腸に送り出されます。このぜんどう運動は胃の中がからっぽになるまで(ふつうの量の食事の場合、2~3時間くらい)続きます。

2)空腹時の消化管運動

空腹時に胃や十二指腸、小腸は強い収縮運動期と休止期とを繰り返しています。強い収縮運動は胃から始まり、十二指腸、小腸へと伝わります。この収縮運動が10~30分間続いたあとに、収縮をしない休止期に入ります。この繰り返しが90~120分間隔で次の食事がくるまで続きます。この運動は消化管の掃除とも考えられています。腹鳴はこうした空腹期運動の時に、おなかにたまっていた空気と腸の内容物が撹拌されて起こります。

腹部膨満感がある人の中には、夜間には空腹期の強い収縮運動が起こっていても、日中は起こらない人がいます。いつも胃の中に食べ物が残っているために起こらない場合もありますが、疲労やストレスによって自律神経が正常に働かないことが原因である場合もあります。

腹部膨満感と腹鳴の原因

1)消化管運動の低下

腹部膨満感は消化管運動機能の低下と関連の深い症状の1つです。胃の症状があるのに、内視鏡やその他の検査で異常がないものを機能性胃腸症といい、胃の運動機能低下が高頻度にみられます。

2)呑気症(どんきしょう)

食事をするときに空気をいっしょにのみ込んでしまい、胃や腸に空気がたまっておなかが鳴ったり、あるいははったりすることを「呑気症」といい、腹鳴を訴える人に多くみられます。

原因として多いのは早食いや汁物などをすすることです。その他には炭酸飲料の炭酸ガス、そしてガムをよくかむといったことがあげられます。また不安や心配事があると無意識のうちに空気をのみ込んでいることもあります。

腹部膨満感の対策と治療

1)呑気症を避けるには

空気をのみ込む食べ方、早食い、すする食べ方をしないようにしましょう。また不安や心配事があると無意識のうちに空気をのみ込んでいつ場合があるので、不安、心配事への対処も大切です。

2)腹部膨満感の薬物療法

消化管運動を活発にする消化管運動機能賦活薬を使います。また呑気症の原因にもなる不安感への対処として抗不安薬の使用もあげられます。上手に使うと改善が期待できます。

3)疲労や不安などストレスは上手に解消しましょう

疲労や不安、イライラといったストレスは、消化管の運動機能を低下させるといった直接的な影響だけでなく、食生活をかえりみる余裕を奪い、規則的な食事が取れなくなることにもつながります。また、精神的な不安も腹部膨満感の原因となることがあります。さらに腹部膨満感といった症状自体がストレスになって、ますます症状が悪化するといった悪循環が引き起こされることも考えられます。

まず、ストレスに対処するため、生活を見直してみましょう。規則正しく、バランスのとれた食事をし、十分に睡眠をとることが大切です。またストレスをためないよう、上手に気分転換をはかるようにしましょう。たとえば、安らぎが得られ、満足のできる趣味をもつことも良いかもしれません。

腹鳴の対策

腹鳴は空腹時の消化管の収縮運動によって起こるもので、心配することではありませんが、おなかが鳴るのはいやだという人は、食事の時に空気をのみ込まないように気をつけましょう。また炭酸飲料やガムは予想以上に空気をのみ込みますので避けましょう。そして不安や心配事の解決をはかることも大切です。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼けいれん しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔のけいれん 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 けいれん性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る