- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

しゃっくり

しゃっくりは肺を動かして呼吸させる横隔膜が強く収縮して、息が早く吸い込まれるのと同時に、声帯が急に閉じることによって起こります(声門閉鎖を伴う呼吸筋の繰り返し起こるけいれん)。

しゃっくりの仕組み

どうしてしゃっくりが起こるのか?しゃっくりの役割は明らかではありませんが、生物が陸に上がりえら呼吸から肺呼吸に切り替わる過程で、肺に水が入らないように気管をふさぐ仕組みの名残という説があります。 

しゃっくりをする時には「ひっく」という音が出ます。「ひっ」は声帯が急に閉じようとする時の声帯の振動音で、「く」は声帯が閉じて息が止まった時の音と考えられています。

どうして横隔膜の収縮と声帯の閉鎖が同時に起こるのでしょうか?
しゃっくりの指令センターである延髄のしゃっくり中枢に刺激が与えられて起こると考えられています。

しゃっくりの仕組み

炭酸飲料を飲む、あわてて食べる、激しく笑う、せきをする などの刺激がのどに分布する舌咽神経から延髄のしゃっくり中枢に伝わります。延髄は、①横隔神経を通して横隔膜を収縮するように、②迷走神経を通して声帯を閉じるように、同時に命令を出します。こうしてしゃっくりが起こることになります。

ただし、こうした刺激で常にしゃっくりが出るわけではありません。延髄のしゃっくり中枢は、ふつうはGABA(ギャバ)と呼ばれる神経伝達物質により、しゃっくりが出ないよう脳から抑制を受けています。

この抑制よりも刺激が強くなるとしゃっくりが起こるようになります。一度起きると止まりにくいのも特徴です。

GABAによる抑制を減らす例としては、飲酒や一部の薬の服用などがあげられます。また子どもは大人に比べて発達が未熟で、GABAによる抑制がきかず、しゃっくりがおこりやすくなります。

しゃっくりの原因

しゃっくりの起こる原因についてもう少し考えましょう。

しゃっくりは延髄のしゃっくり中枢、横隔神経、舌咽神経のほか迷走神経、交感神経などの間の神経反射によって起こります。脳腫瘍や脳卒中があると、しゃっくりが現れることがあります。

その他の脳神経疾患でも起こる可能性があります。脳が刺激されて起こるしゃっくりは止まりにくい特徴があります。

迷走神経は心臓や胃などの消化管、のど(咽頭や喉頭)に広く分布しています。迷走神経に関係したしゃっくりの多くは胃に関係したもので、胃液の逆流、急性胃炎、胃潰瘍、胃がんなどです。中でも胃液の胃食道逆流症は持続性のしゃっくりの原因の50%以上を占めるとも言われます。

48時間以上しゃっくりが続く場合、あるいは睡眠障害を伴う場合は基礎疾患を精査する必要があります。おもな持続性のしゃっくりの原因は次のようなものが考えられます。しゃっくりが長引く場合にはその原因を詳しく調べることが大切です。

持続性しゃっくりの原因
中枢神経疾患 脳血管障害、脳炎、頭部外傷
迷走神経・
横隔神経刺激
咽頭炎、甲状腺腫、横隔膜下膿瘍
胸部疾患 肺炎、肺癌、縦隔腫瘍、リンパ節腫脹
心血管疾患 心筋梗塞、心外膜炎、大動脈瘤
消化器系疾患 胃食道逆流症、食道癌、胃拡張、消化性潰瘍、
胃癌、肝炎、肝癌、胆嚢疾患
代謝性疾患 アルコール
薬剤性 ジアゼパム、バルビツール酸系薬、
デキサメタゾン、オピオイド

しゃっくりの止め方

しゃっくりは自然に止まるので気にせず待てばよいのですが、会議や宴会であいさつをしたり、半日ほど続いて不自由を感じる場合には何らかの刺激を与えると止まりやすくなります。

即効性のある止め方としては、昔から誰かに驚かしてもらう方法がありますが,その他に①人差し指を両耳に強く入れて30秒ほど押す、②舌を30秒ほど引っ張る方法があります。
どちらも舌咽神経にしゃっくりを止める刺激が入ると考えられます。

しゃっくりの止め方

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る