- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

肋間神経痛

脊柱の中を通る脊髄神経からは左右12対の肋間神経が出ています。

肋骨の真下を通る肋間神経により起こる痛みやしびれは、「肋間神経痛」と呼ばれます。肋間神経痛はさまざまな原因で起こりますが、内臓の病気から起こることがあり注意が必要です。痛みの原因を突き止めることが大切です。

突然に起こる電気が走るような痛み

肋間神経痛は肋骨に沿って突然キューッと痛くなり、数秒で止まるのが一般的な痛み方です。中には継続した痛みのため知覚過敏になり、触れただけで痛いと感じることもあります。

若い人では、無理な姿勢や重い荷物などを持ち上げた時や強く咳き込んだ時に、肋骨に過大な力が加わって起こることがしばしばあります。その場合、痛みを感じる肋骨の上を軽く叩くだけでも痛みを感じるため、診断は容易です。

気胸や縦隔気腫と間違えないようにするため、胸部レントゲン撮影を行います。

肋間神経痛

全年齢を通して注意したいのは帯状疱疹で、ニキビに似た疱疹と呼ばれる湿疹が出現する数日前からピリピリとした痛みを生じることがあります。

帯状疱疹では、痛みを感じる所から離れた場所(とくに背骨に沿った付近)に疱疹が出ることがあります。疱疹は痛みを伴いながら、肋骨に沿って左右どちらか一方に帯状に広がります。脊柱の左右にまたがって出現することはありません。

妊婦にも肋間神経痛は多く起こります。おなかの内側からの圧力により、筋肉が伸展されて痛みが生じるのではないかと考えられます。女性で性感染症が原因で肝周囲炎を起こすと、右季肋部(右乳房の下付近)に肋間神経痛様の痛みが起こることがあります。

椎間板ヘルニアや脊柱の病気もありますが、高齢者に多いのは骨粗鬆症による圧迫骨折です。治療後も骨の変形が残り、頑固な痛みが続くことがあります。

内臓の病気に注意を

注意しなければいけないのは、内臓の病気が原因で起こる痛みです。心臓や血管の痛みを肋間神経痛と思い込んで放置していて、病気の存在に気がつくのが遅れると命の危険もあります。またガンが肋骨に浸潤して起こる肋間神経痛もあり、とくに注意を要します。

内臓の病気があり、その関連痛として肋間神経痛に似た痛みが起こることがあります。痛みの場所から原因となる内臓を推測できます。このように中高年者の原因の明らかでない肋間神経痛では、基礎疾患を見逃さないようにすべきです。

最近、長時間のパソコン使用などと考えられる痛みが増えています。肋間神経は筋肉に挟まれているので、同じ姿勢を長く続けていると凝りが生じて痛みが起こることがあります。できれば15分一度は休憩して、ストレッチなどで筋肉をほぐすのが望ましいです。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る