- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

咳が続く…おとなにも多い百日咳

おとなの百日咳の特徴は

1夜間に起こるけいれん発作のような激しいせき込み、
2せき込みの後、息を吸おうとしたときのどの奥がひきつったような窒息・閉そく感が起こり、そのまま息ができなくなり死んでしまうのではないかという強い恐怖感を伴いやすい ことです。

最近、百日咳の免疫がなくなったおとなだけでなく、高齢者にもしばしば見られるようになりました。一度経験すると忘れられないほど激しい窒息・閉そく感ですが、うっかりすると心因的なもの、気管支ぜん息やせき喘息などと間違えやすいので注意が必要です。

咳が続く…おとなにも多い百日咳に注意

百日咳の症状

百日咳は百日咳菌による感染症です。かぜのような症状で始まり、だんだんせきが強くなります。けいれんするような激しいせきや、息を吸うときにヒューと音が鳴るなどの特徴的な症状があります。せきやくしゃみのしぶきで広がり、治療には抗菌薬を使いますが効果は限定的です。

ワクチンをうっていない赤ちゃんが重症になりやすく、肺炎や脳炎を発症することや死亡する場合もあります。特に生後6ヶ月未満は注意が必要です。近年の患者報告数は年に2千~3千人で、1980年代初めにワクチンが導入された結果、約30年で報告数は約10分の1になりました。かつては患者の多くは0歳児でしたが、2002年頃からはおとなの患者が増えてきました。

百日咳の予防とワクチンの効果

おとなの百日咳は子どものように重症になることは多くありません。しかし、子どもを守るためにはおとなの百日咳を予防することが必要です。子どもの百日咳はおとなが主要な感染源になっているとみられるからです。
家族内に感染者がいると、百日咳に対する免疫がない人が感染する確率は80%を超えます。米国では、乳児への百日咳の感染源の75%が父母や祖父母などのおとなという報告があります。おとなは重症にならないだけに、知らぬ間にうつしてしまう恐れがあります。

百日咳の予防にはワクチンが有効です。国内ではワクチンが定期接種になっており、生後3ヶ月から計4回の接種を原則無料で受けることができます。ただ問題は、その効果が長続きしないことです。4~12年で急激に低下することが分かってきました。
つまり、ワクチン接種を受けていても20歳を過ぎる頃から効果が弱くなり、百日咳に感染しやすくなることが分かります。

おとなの百日咳の治療

おとなの百日咳は、まさしく名前が示す通りせきが百日くらい続いて自然に治癒する病気です。抗菌薬の効果は限定的で、一度かかると対症療法しか効果はありません。しかし、途中に窒息・閉そく感を伴うけいれん様のせき発作を起こすため、適切な診断を下すことは重要です。
血液検査は必ずしも有用とは言いがたいのですが、百日咳抗体価(PT-IgG)が100EU/mlなら、最近(4週間以内)の感染を示唆するので百日咳感染の目安になります。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る