- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

大人の歯ぎしり

大人で夜間の就寝中に見られる歯ぎしりは、「歯がみ」という言葉があるように、そのまま放置するとあごの顎関節症を引き起こす危険性があります。

また、歯がすり減ったり、破損したりしてかみ合わせの不都合も生じてきます。
早めに歯科を受診して、予防法を含めて適切な措置を講じる必要があります。

大人の歯ぎしり
図1大人の歯ぎしり

大人の歯ぎしりの3つのパターン

大人では、歯ぎしりには3つのパターンがあると専門家は指摘しています。

  1. 歯を前後に動かすグラインド運動
  2. 歯をカチカチと慣らすタッピング
  3. 歯をギューと強くかみ締めるクレイリング

の3タイプです。

大人では、歯ぎしりは、あごの周辺にあるそしゃく筋という筋肉の緊張によって起こると考えられます。
歯ぎしりが継続して起こると歯が損傷します。
そうすると歯ぎしりを避けようとして口を開ける際に使う開口筋も緊張します。
そしゃく筋と開口筋とが同時に緊張すると、今度は頭部が前かがみになり、頸椎に負担がかかって呼吸が困難になります。

前かがみになった頭部を元に戻そうとすると、後頚部の筋肉が緊張して肩こりや頭痛などの症状が起こりやすくなります。
さらにこれらの症状が、また歯ぎしりの原因になるという悪循環が起こると考えられます。

歯の損傷を防ぐ

歯ぎしり防止の代表的なものは、夜にスプリントを装着して寝ることです。
スプリントは、ボクシングの選手が用いるマウスピースのような用具で、バイトプレートまたはナイトガードと呼ばれます。
スプリントには、筋肉の緊張を和らげる働きと、歯の損傷を防ぐ効果があります。
このほか、レーザー照射や温熱シップなどの理学療法、筋弛緩薬や向精神薬の服用、行動療法などを行っているところもあります。

顎が痛む顎関節症

歯ぎしりをする、歯を食いしばる、片側でかむ、ほおづえをつく、うつぶせに寝るといった癖のほか、歯並びやかみあわせが悪いと言った歯の構造が影響すると、あごの筋肉の負担が大きくなり顎関節症を起こすことがあります。
顎関節症は顎関節とその周囲に障害が生じて起こる病気です。

あごを動かすと痛い、口を大きく開けられない(開口障害)、口を開閉すると音がする(関節雑音)の三つが顎関節症の主な症状です。
おとなの顎関節症の予防には、要因となる癖を直すことが大切です。
歯ぎしりはストレスからくるともいわれているので、ストレスのかかりにくい生活を工夫するのも大切です。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る