- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

薬剤性光線過敏症

薬剤性光線過敏症とは

薬剤性光線過敏症とは・・・紫外線が強い季節は要注意!薬が引き金で、日光を浴びて起こる皮膚の炎症です。

薬剤性日光過敏症は、健康な人では問題のない量の紫外線を浴びた後に、通常の日焼けとは異なる皮膚の赤みやぶつぶつ、水ぶくれやかゆみが生じます。
その中でも飲み薬などが引き金で起こるが光線過敏型薬疹です。症状は顔や首、手首から先など、日光を浴びた所だけに表れるのが特徴で、皮膚の赤みやかゆみを生じます。

薬剤性光線過敏症

一般的に、日光浴などで日焼けを起こすのは、波長が短い紫外線B波(UVB)です。エネルギーが強く皮膚ガンの原因にもなりますが、波長が短く、オゾン層や雲などに囲まれて地表に届くのはごく少量です。
一方、波長が長い紫外線A波(UVA)はオゾン層を通り抜けやすく皮膚の奥まで浸透し、シミも引き起こします。

光線過敏型薬疹は血管から入った薬が紫外線の影響を受け、アレルギー反応を起こすようになります。いったん光感作というアレルギー反応への準備状態に入ると、次からは少量の紫外線でも症状が表れるようになります。
原因となる飲み薬には非ステロイド消炎鎮痛薬、利尿薬、コレステロールを下げる薬、血圧降下剤、ビタミンB6などがあります。多くはUVAが原因ですが、UVBの場合もあります。

薬剤性光線過敏症の検査と治療

検査では背中に原因と思われる薬剤を塗る光パッチテストやその薬を飲む内服照射テストなどで、紫外線の影響を調べます。
治療としては原因となっている薬の使用を中止し、日光を避けるようにします。UVAは窓ガラスも通り抜けるので、直射日光と同様に肌に当てない工夫が必要です。

薬剤性光線過敏症にならないために

薬剤性光線過敏症は紫外線量や薬剤量、アレルギー体質の有無、薬の代謝の個体差などの要因が発症につながり、薬の種類によっては誰にでも起こる可能性があります。

特に注意が必要なのは、ドラッグストアで買える虫刺されの塗り薬です。この薬に含まれるジブカインが「光かぶれ」というタイプの薬剤性光線過敏症を起こすことで知られています。
虫刺されの塗り薬は肌の露出部に塗ることが多いため、光かぶれを起こす成分が含まれていないか特に注意が必要です。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る