- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

急性扁桃炎

急性扁桃炎はかぜをきっかけとして起こり、ふつうは悪寒と高熱を伴います。

のどをみると扁桃腺が赤く腫れているだけでなく、扁桃腺の表面に白い膿が付着していることがあります(写真1,2)

写真をクリックすると拡大します

(写真1)扁桃炎
写真1急性扁桃炎

(写真2)扁桃炎
写真2急性扁桃炎

このような白い膿は細菌感染が原因で起こるため、扁桃腺は抗生物質による治療が有効です。

急性扁桃炎は小児や青年に多く、高齢者では扁桃腺が萎縮するためにほとんどありません。扁桃炎は高熱が出てもふつうは3,4日で解熱します。
しかし子どもの間で夏季に流行するプール熱では、扁桃炎とともに結膜炎を伴い5,6日高熱が続くことがあります。

扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍

おとなの扁桃炎、特に20~30歳代の扁桃炎では、扁桃の周囲に炎症が広がっていくことがあり、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍と呼ばれます(写真3,4,5)

(写真3)扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍
写真3扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍

(写真4)扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍
写真4扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍

(写真5)扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍
写真5扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍

この場合、のどがふさがるように腫れていくため、のどの奥のはれぼったい違和感や食べ物がのどを通りにくく感じます。

ひどくなると呼吸困難や窒息を起こすことがあり注意が必要です。抗生物質による治療が不可欠ですが、のどの閉塞感が強いときにはタイミングを逃すことなく、早いうちに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

EBウイルス感染症による扁桃炎

10歳代後半や20歳代の扁桃炎では原因が良くわからないままに7日から10日近く高熱が続くことがあります。始めはかぜによる扁桃炎として治療していても、いっこうに解熱しないときに疑います。
このような扁桃炎ではかぜによる扁桃炎に比べて、首のリンパ節のはれが著しい印象がありますが、予測できないことも多いようです。

このような扁桃炎の中で、血液検査で肝臓機能障害やリンパ球の異常を伴う場合には、EBウィルス感染症(伝染性単核症)と診断されます。このような扁桃炎は時間がかかりますが、自然に治ります。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る