- 家庭の医学 -
よく見られる大人の病気

偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意

「風があたっても痛い」と言われる痛風は、生活習慣が原因の関節炎ですが、特に原因もない関節の炎症で激しい痛みと発熱を伴うのが偽痛風です。

70歳以上の発症が多いため、本人だけでなく家族の対応も大切です。

高齢者に多い偽痛風

痛風も偽痛風ももともと関節に結晶成分が沈着し炎症が起きますが、結晶成分が尿酸である痛風に対し、偽痛風はピロリン酸カルシウムである点が大きく異なります。
さらに痛風は暴飲暴食や肥満など、不摂生が原因で尿酸値が上がって関節に尿酸が沈着しますが、偽痛風はピロリン酸カルシウムが沈着する原因はよく分かっていません。

血液中のカルシウムが増加する副甲状腺機能亢進症や体内に鉄分がたまるヘモクロマトーシスなどが原因のケースもありますが、それらはごく一部です。ほとんどの場合、沈着の原因は不明で、加齢に伴い誰にでも起こりえます。

痛風が最初に足の親指のつけ根に起きやすいのに対して、偽痛風は膝での発症が多く、続いて手首、首、肘などでも起きると言われています。炎症と同時に38~39度の熱が出やすいのも偽痛風の特徴です。

原因が不明なためこれといった治療法はなく、発症した場合は消炎鎮痛薬の服用など対症療法が主体となります。偽痛風を発症すると、痛みや発熱で動けなくなります。
高齢者は3~4日寝込むと体力が落ちるので、症状が出たら我慢せず、早めに受診して症状を和らげるのが後々のために大切です。

痛風と偽痛風

偽痛風と似た病気に、細菌の感染で関節が化膿する化膿性関節炎があります。偽痛風よりも緊急を要する疾患で、重症になると細菌が血液に侵入し、全身に炎症が及ぶ敗血症になることもあります。

またまれですが、成人スティル病との鑑別も必要です。診察と血液検査、レントゲン検査、場合によっては関節液検査をしなければ偽痛風と化膿性関節炎とは見分けはつきません。
疾患を特定するためにも、偽痛風と思われる症状が出たら、早期に整形外科かリウマチ内科を受診することが大切です。

化膿性関節炎を忘れない

急性経過の単関節炎では痛風や偽痛風の発作が頻度としては最も多くみられます。ただし、死亡率が11%と高く、治療開始が遅れると不可逆的な関節破壊が発生する化膿性関節炎はどのような状況下でも必ず鑑別に入れます。
化膿性関節炎では発熱は40%弱にしか認めず、炎症所見は陽性であれば疑いを高めるのには有用ですが、陰性であっても化膿性関節炎を除外するのは危険です。

診断の鍵となるのは関節穿刺ですが、グラム染色の感度は50%程度と言われます。化膿性関節炎患者の5割弱に関節の基礎疾患があると言われており、グラム染色で尿酸もしくはピロリン酸カルシウムの結晶を認めても、感染の除外はできないことに注意すべきです。

よく見られる大人の病気:目次へ

よく見られる大人の病気

1. 診察室でよく見られる症状 肩こり 肝機能障害 更年期障害 口の中の病変 せき めまい 頭痛 動悸 耳鳴り 腹痛 味覚障害と舌の痛み ニオイの異常(嗅覚障害) 胸の痛み(胸痛) 睡眠の障害(不眠症) 胸やけ、げっぷ 胃痛・胃もたれ 腹部膨満感、腹鳴 下痢 便秘 口臭 喉のつかえ(喉の異常感) ふわふわめまい・頭重感 ジャーキング 神経調節性失神 長引く声がれ-声帯まひ 眼瞼痙攣 しゃっくり 疲れがとれない・疲労感 口の渇き(ドライマウス) 手足のしびれ 失神 むくみ(浮腫) 物忘れ 手のふるえ 立ちくらみ おなら 声のかれ 冬のかゆみ あごの痛み-顎関節症 冷え症 こむら返り 頻尿 いびき 鼻出血(鼻血) 鼻づまり 汗の異常 微熱 尿もれ(尿失禁) 金縛り・悪夢 目のまわりや顔の痙攣 大人の歯ぎしり 歩くと足の裏に激痛:モートン病 首の後ろ(後頸部)の痛み 中高年に多い弛緩性便秘 中高年者に多いめまい 中高年者の腰痛のときに考える4つのM 2. 皮膚の病気 毛虫かぶれ 大人の蕁麻疹 帯状疱疹 たこ、うおのめ 薬剤性光線過敏症 いろいろある蕁麻疹 りんご病(大人) 足の静脈瘤 みずむし 破傷風 シイタケ皮膚炎 高齢者の帯状疱疹 3. 診察室でよく見られる病気 慢性疲労症候群 偽痛風 リウマチ性多発筋痛症 線維筋痛症 むずむず脚症候群 前立腺肥大症 過活動膀胱(OAB) 間質性膀胱炎 うつ病 単純ヘルペス感染症(大人) 眼瞼下垂 おとなの百日咳 中年に多い椎骨動脈解離 腸内フローラとは 脳脊髄液減少症 高齢者の急な寝ちがえ:頸椎偽痛風を疑う! 咳が続く…大人にも多い百日咳 痛風 急性扁桃炎 膀胱炎と腎盂炎 EBウィルス感染症 食中毒 機能性胃腸症 慢性膀胱炎 過敏性腸症候群 口内炎 高血圧 微小血管狭心症 痙攣性発声障害 肋間神経痛 偽痛風と痛風、化膿性関節炎に注意 緑内障 女性と痛風 子どもの病気はこちら
 上に戻る